失業保険(雇用保険) > 失業保険はどのくらいもらえるの?

失業保険はどのくらいもらえるの?

失業保険はあるけど、総額どれくらいもらえるのかというのは、気になるところです。

自分で算出することが出来れば、計画もスムーズですね。

基本手当の総額の算出は、基本手当日額×所定給付日数で算出されます。

そして、その「基本手当日額」はどのようにして出るかというと、まず退職前6ヶ月の給与(賞与は含まれない)を原則として、その合計を180で割り、それによって出た金額である「賃金日額」を計算します。

ここで、賃金日額には上限と下限があるので注意が必要です。

そして、賃金日額に給付率を乗じ、基本手当日額が算出されます。

「所定給付日数」ですが、雇用保険と退職理由に加入していた期間で異なります。

また、基本手当をもらえる期間は限られていて、離職日の翌日から1年間です。

この期間を「受給期間」といい、そこを過ぎてしまうと基本手当はもらえません。所定給付日数が余っていてもです。

ただし、出産や介護などで、今すぐに就職活動ができない人などは、受給期間の延長が可能です。

基本手当の算出式ですが、

基本手当の総額=所定給付日数×基本手当日額

基本手当日額=45~80%×賃金日額(パーセントは、年齢や賃金日額によって異なります)

賃金日額=退職前6ヶ月からの給与総額÷180(6ヶ月×30日)

基本手当の上限額
30歳未満・・・ 6,365円
30歳以上45歳未満・・・7,070円
45歳以上60歳未満・・・ 7,775円
60歳以上65歳未満 ・・・6,777円となります。