失業保険(雇用保険) > 将来のためのスキルアップ

将来のためのスキルアップ

どうやって好きな仕事に就けたの?その年齢から、どうして転身できたの?どうしてそうやって自分の時間が持てるの?

ビジネスシーンの差は、技術と資格によるものが多いと思われます。

その考え方は人事課の担当者も同じで、どこの会社でも有能な人材を求めています。

転職活動において、スキルは直接的な影響力を持っています。

資格は形として証明できるものであり、人柄や口調を使ったアピールとは異なります。

資格が有利なのは間違いありません。

生まれてからずっと教育を受けてきたのに、まだ勉強し続けるの?・・と疑問を持つかもしれません。

しかし、人と仕事の関係は、人生で最も時間を使う場所であり、仕事を選ぶとは、その場所を決めることなのです。

仕事は、人生を豊かにする方法の一つでもあります。

転職活動では、やりたいこと、やらねばならないこと、やれることに対して、自分で考えて、答えを出すということが、転職活動では必要であり、一つの自立につながります。

転職の目的は、家族を守る、生活の質を上げたい、自己実現をしたいなど、さまざまですが、仕事を通して、自分の少し先を見据えていくことも大切かもしれません。

先行投資として出費はスキルアップにはつきものです。
その費用をサポートしてくれるものとして、教育訓練給付制度があります。雇用保険の一つです。なお、失業保険との併用もできます。
適用制度が2007年10月1日から改正され、今まで3年以上雇用保険を納付していないともらえなかったのが、その納付期間が1年以上に短縮されており、とても活用しやすくなっています。
活用幅としては、職業能力開発学校や英会話、専門学校などで幅広く活用できるので、ハローワークで相談するのも良いでしょう。